麻雀明日への一歩 目次
明日への一歩「麻雀基本編」
・はじめに
・麻雀ってどんなゲーム?
・ゲームの進め方
・「あがる」とは?
・ある手牌の型(役)を作るには。
・点数を覚えよう!その1
・手牌の型(役)による点数(翻)について 1翻役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 2翻役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 3翻役、その他役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 役満
・点数を覚えよう!その2

明日への一歩「麻雀実践編」
・配牌を見てどのように進めていくか?
・とある雀荘店でのひとコマ。
・ゲーセンにあるネット麻雀「麻雀格闘倶楽部」から。
・ある大会にて。
・配牌のとき、9種9牌ならどうするか?
・TV対局にて その1。
・TV対局にて その2。
・状況に応じて打て!
・上手い雀士より、恐れられる強い雀士を目指せ!
・ある大会にて。
・最後まで考えて打つ。
・勝負とは己に勝つこと。
・某新聞社主催の記念大会から。
・友だちの家で麻雀。
・雀荘で損しないためには?
・対子場。
・プロのTV対局から。
・ときには、決め打ち。
・見逃しは後で痛い目を見る?
・TV対局から、「ツモをあがらず」。
・風林火山。
・恐るべし場運!!
・リーチ!
・とある大会。
・とある大会 その2。
・うまくなるための心得。
・1000点の上がり。
・運が良いときは、ドラが集まりやすい。
・ハンゲームにて。
・思わぬ落とし穴。


2007年06月21日

リーチ!

雀荘に行ってた時、その日、ついてるかどうか?知るのに、
自分の場合、まず、聴牌即リーチ!
・ついているときは、一発ツモ!
・そこそこいけるときは、一発ロン、または、ツモ!
・駄目なときは、流局、または、他家に放銃。
こんな感じでその日の調子を見る。

ところで、先日、雀荘での話。
運気がなさそうな上家が聴牌気配で数順まわした後、ロン!
タンピン赤の3900を上がった。
その後もリーチを掛ける気配なし。ダマで他家からの出上がりを待ち確実に上がろうとしている模様。確実に上がり、上がり癖をつけ、そして、運を手に入れようとゆうのか?
しかし、運がないときは、ダマでまわしても上がれないし、上がれたとしても、運がつかない場合が多い。

昨今の麻雀は、一発、裏ドラ等々リーチによるメリットが多い。それに、雀荘に行けばそれに伴う多大なるご祝儀が得られる。
それに何より、ダマにとっても、上手い人相手なら、聴牌は直ぐに見破られるので、ダマにとる意味があまりない。

ここはリーチを掛けて自分の力で勝ち運をもぎ取ろうじゃないか!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


ネットショップ最新記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。