麻雀明日への一歩 目次
明日への一歩「麻雀基本編」
・はじめに
・麻雀ってどんなゲーム?
・ゲームの進め方
・「あがる」とは?
・ある手牌の型(役)を作るには。
・点数を覚えよう!その1
・手牌の型(役)による点数(翻)について 1翻役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 2翻役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 3翻役、その他役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 役満
・点数を覚えよう!その2

明日への一歩「麻雀実践編」
・配牌を見てどのように進めていくか?
・とある雀荘店でのひとコマ。
・ゲーセンにあるネット麻雀「麻雀格闘倶楽部」から。
・ある大会にて。
・配牌のとき、9種9牌ならどうするか?
・TV対局にて その1。
・TV対局にて その2。
・状況に応じて打て!
・上手い雀士より、恐れられる強い雀士を目指せ!
・ある大会にて。
・最後まで考えて打つ。
・勝負とは己に勝つこと。
・某新聞社主催の記念大会から。
・友だちの家で麻雀。
・雀荘で損しないためには?
・対子場。
・プロのTV対局から。
・ときには、決め打ち。
・見逃しは後で痛い目を見る?
・TV対局から、「ツモをあがらず」。
・風林火山。
・恐るべし場運!!
・リーチ!
・とある大会。
・とある大会 その2。
・うまくなるための心得。
・1000点の上がり。
・運が良いときは、ドラが集まりやすい。
・ハンゲームにて。
・思わぬ落とし穴。


2005年07月31日

ある大会にて。

4回戦のうちの一回戦目序盤、下家が満貫ツモと快調にとばす。俺はそこそこの手は入っているがいつものごとくいまいち、調子に乗れず今回もだめかと・・・。麻雀大会は4回戦の短期勝負で、毎回面子も違う。運がものすごく影響する。麻雀が上手だけでは勝てない。今回は少し違っていた。中盤、ハネ満の聴牌をしてツモれば倍満の手。いつもなら上がれそうもないんだけど、運良くツモ上がりできた。それで、運気がついたのか、トップ目の下家からロン上がりできて運良く裏ドラもついて2000点の手が満貫の手に。1回戦は逆転トップで大勝利。2回戦目。1回戦目と、うって変わって手が入らず我慢の麻雀。なぜかって?トイメンの人が最初からポン、チーと食いまくり、そのおかげで調子が狂った。食わないでくれればすんなりと聴牌できて、上がれたはずなのに。その後も食いまくってたので、俺のとこには手がまったく入らず。上家の人も場の情況を考えて打つ人じゃないのでそれもあって、我慢の麻雀。それに比べて下家は、毎回リーチ、リーチであがれはしないものの攻めてきた。結局、最後、下家に対子落としで満貫振り込んでしまった。痛い、放銃だった。逃げずに勝負にでていたら展開は変わっていたかも?3回戦は1回戦と同じ情況で逆転トップ。この時点でトータル4位。
問題は4回戦目、今までとは違って麻雀のうまそうな人達。最初は我慢の麻雀だった。あるときハネ満手を聴牌った。トイトイの手で、シャボ待ち。
sou8.gifとドラのhatu.gif待ちで、ドラだけに発は出ないのはわかってたけど、6ソーが4枚、場に見えてて、使えそうもない8ソー。みんなはそれをしっかりとめられて、結局、上がれなかった。本当は、ツモらなければいけないけどね。1回戦の時はツモれたのに、やっぱ、運がなくなったか?最後に時間切れまじかに、タンピン三色の手を聴牌できた。リーチかけずにダマにしとけば間違いなく他家から上がれてのに、最後ってこととトップをとりに行くためにリーチかけた(もし、ダマにしてロン上がりしてたらこの大会で優勝は取れないにしても3,4位にはなれただろう。)。やはり、ツモ上がりできなかった。
逃げたばっかしに放縦することになった2回戦目、相手のことや自分の情況を考えず無理にリーチをかけて上がり損ねた4回戦目。2回戦目、4回戦目は悔やまれる半荘だった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5507111

この記事へのトラックバック


ネットショップ最新記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。