麻雀明日への一歩 目次
明日への一歩「麻雀基本編」
・はじめに
・麻雀ってどんなゲーム?
・ゲームの進め方
・「あがる」とは?
・ある手牌の型(役)を作るには。
・点数を覚えよう!その1
・手牌の型(役)による点数(翻)について 1翻役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 2翻役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 3翻役、その他役
・手牌の型(役)による点数(翻)について 役満
・点数を覚えよう!その2

明日への一歩「麻雀実践編」
・配牌を見てどのように進めていくか?
・とある雀荘店でのひとコマ。
・ゲーセンにあるネット麻雀「麻雀格闘倶楽部」から。
・ある大会にて。
・配牌のとき、9種9牌ならどうするか?
・TV対局にて その1。
・TV対局にて その2。
・状況に応じて打て!
・上手い雀士より、恐れられる強い雀士を目指せ!
・ある大会にて。
・最後まで考えて打つ。
・勝負とは己に勝つこと。
・某新聞社主催の記念大会から。
・友だちの家で麻雀。
・雀荘で損しないためには?
・対子場。
・プロのTV対局から。
・ときには、決め打ち。
・見逃しは後で痛い目を見る?
・TV対局から、「ツモをあがらず」。
・風林火山。
・恐るべし場運!!
・リーチ!
・とある大会。
・とある大会 その2。
・うまくなるための心得。
・1000点の上がり。
・運が良いときは、ドラが集まりやすい。
・ハンゲームにて。
・思わぬ落とし穴。


2010年02月20日

思わぬ落とし穴。

南2局、親を迎えて、36000点持ち。トップとは6000点差の2着。ここで満貫で上がれれば逆転トップに立つ。
そんな中、牌牌で満貫が狙えそうな手が入り俄然やる気をだして望んでいたら、あっとゆうまに、親番がもう来ない4着の家に役牌ドラ1のたった2000点の安手で上がられてしまった。
普通、トップ争いにほど遠い家は、そうそう安い手では上がらない。単に局を進ませるだけだから。できる限り役作りをして、失点を減らそうとするものである。
なのに、私のトップ狙いを阻止するような上がりをされてしまった。
怪しい雲息がく〜(落胆した顔)

これで親が流れても、まだまだ、トップを狙えたので、攻めの姿勢で望んでいたら、親パネに振り込んでしまった・・・。
(ちなみに、2000点で上がった家も4着のまま。)

ここにも流れがあり、もし、私がトップを取れるとするなら、2000点で上がられることはなく、逆転の親満を上がってただろうし、早くこの怪しい流れに気づいていれば、少ないダメージですんでいただろう。




ネットショップ最新記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。